ホーム > 園だより“ろりぽっぷ” > ときめき流しそうめん

ときめき流しそうめん

ろりぽっぷ 879号 2013年6月21日

ろりぽっぷ879号

〜お母さんの笑顔のために〜

はじめての日

百万母力プロジェクトテーマソング

作詞
藤本裕子
作曲
中村守孝
編曲
渡辺雅二
ダ・カーポ

はじめて 小さな命が宿った日を
覚えていますか? 覚えていますか?
はじめて 胎動を感じた日を 覚えていますか?
はじめて わが子を抱いた日を
はじめての一歩を 覚えていますか?
はじめて 熱を出して眠れなかったあの日のことを
覚えていますか? 覚えていますか?

毎日の忙しさに
つい「はじめての日」を忘れてしまう私たち
「はじめての日」をどれだけ感じて生きているのでしょう
その一つひとつを思い出したら
辛かった日も 苦しかった日も消えて
いつしか笑顔に 笑顔になる…

はじめて ランドセル背負った日を
覚えていますか? 覚えていますか?
はじめて 泣いて帰った日を 覚えていますか?
はじめて 一緒に夕日を見た日を
はじめての反抗を 覚えていますか?
はじめて 心から叫ぶほど喜んだ日を
覚えていますか? 覚えていますか?

毎日の忙しさに つい「はじめての日」を忘れてしまう私たち
「はじめての日」をどれだけ感じて生きているのでしょう
その一つひとつを思い出したら
悩んだ日も つまずいた日も消えて
いつしか笑顔に 笑顔になる…

二度とない「はじめての日」を…

今号は、いきなり詩の紹介から始まりビックリなさったことと思います。先日新聞でこの詩を読み、みなさんにお知らせしたくなりました。文中にあるように毎日の忙しさにかまけて、我が子の「はじめての日」を忘れてしまう私たち。その一つひとつを思い出したら悩んだ日もつまずいた日も消えていつしか笑顔になる…お母さんだからこそ感じとれる心模様です。
言うことを聞かない我が子にイライラしたりカッとしたりする事は誰にでもある事、子育てはキレイ事ばかりでは済まない、24時間営業だと知っているのはお母さんたちです。疲れきって心が逆立ってきたら、この「はじめての日」を読んでみて下さい。

さて、梅雨に3日の晴れなしと言われる中、前倒しで行った流しそうめん。このイベントも今年で6回目。16kgの麺を用意しました。さぁ、ちいさい組からスタートです。右手にフォーク、左手につゆ入りカップを持って、水の流れる竹筒の前にスタンバイ。みんなの表情からワクワクドキドキが伝わってきます。きましたきましたそうめんが…。あれあれ、ミカンやキュウリ、なるとも流れてきましたよ。さぁ、すくわなくちゃ、と色めき立つ子どもたち。スルスルッと目の前を流れていくのを残念そうに見送る子、うまくフォークにひっかかって思わず笑みがこぼれる子。3歳児は誰もかれもが初めての経験です。
年中、年長ともなると経験が生きているのか、ミカンやパインなど、おまけをすくい上げるのもとても上手です。日頃、食べることに意欲的な子は、ここでも本領発揮。すくうスピードも食べる速さも他を圧倒。生きていくたくましさに感心しました。すくうことに夢中になって、カップの中は山盛り状態。アイスクリームみたいと言いながら、目はまだ流れを追っていました。(ちょっと麺がとぎれると、あれっもうないの、という顔が一斉に流し手の私の方に向いて何とも愉快でした。)
それにつけても、水の中をサラサラと流れてくるそうめんは、のど越しもよく、ひやっとして、梅雨のうっとおしさを吹きとばしてくれました。

今週のろりぽっぷ子たち

流しそうめん

流しそうめん

流しそうめん

ホーム > 園だより“ろりぽっぷ” > ときめき流しそうめん

ランチメニュー
ランチメニュー
園だより(2017年度版)
園だより“ろりぽっぷ”

ろりぽっぷ子たちの園生活の様子や保育について、ブログ形式でお伝えしています。

ばうの紙芝居
幼稚園へのご連絡は…
記事の検索
RSSフィード
Meta

ページの先頭へ

Copyright © ろりぽっぷ幼稚園 All Rights Reserved.
ホームページ記載の記事・写真等の無断転載・複製を禁じます。