ホーム>園だより“ろりぽっぷ” > アーカイブ > 2014-03

2014-03

ふれあい、もまれながら

ろりぽっぷ 906号 2014年3月19日【年少・年中最終号】

ろりぽっぷ906号
このところのあたたかさに誘われて、園庭のサクランボやコブシの花が咲きはじめました。
20日には年長組が卒園式を迎え65名のお友だちが27校に分かれて巣立っていきます。

さて、年少・年中のお友だちも、もうすぐ進級です。
あっちこっちに散らばるひよこちゃんたちを、大きな羽根で包み込むように育ててきた年少さんたちも、今ではしっかりと身の周りのこともできるようになったり、静かに座っていられるようになったりと、その成長ぶりには目をみはるばかりです。4歳児は、年長組への進級を目前にし、ボクたちももうすぐ大きい組なんだね、と意欲満々です。今まで同年齢の友だちが周りにいなくて、遊ぶ経験が少なかったというお友だちも、たくさんのお友だちとふれあい、もまれながら仲間とのつき合い方を学んできました。

幼児期は、人への信頼を築く大事な時期だと考えています。信頼できる大人がいる、大好きなお友だちがいる、そんな安心して過ごせる生活の場で人として大切なことを学んでいきます。
当たり前のことですが、過ぎ去った時間は取り戻すことができません。ゆえに、二度と巡ってこないこの時期、何をしなければならないかを私たちスタッフは常に胸に問いつつ、心を引き締めて新しい年度に向かいたいと思います。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

心のふるさとに

ろりぽっぷ 906号 2014年3月19日 【年長最終号】

ろりぽっぷ906号
ここのところのあたたかさに誘われて園庭のサクランボやコブシの花が咲き始めました。

さて、卒園式までの日めくりが最後の1枚になり年長組さんともお別れの時がやってきました。
ランチおしまいの日には、「ああこれでろりぽっぷのランチおわりか〜。もっと食べたかったのになあ」という声や小食だった子も最後だからときれいにたいらげる姿もみられました。

先日、年長児たちと話す機会をもうけた時のこと、小学校への不安は何かなというテーマでみんなの声を聞いてみました。「ねむくなったらどうしよう」とか、子どもらしい心配ごとがあげられましたが、1人きりで進学する子が13人。まずは友だち作りが課題です。そこで座席の前後左右の友だちい自分から声をかけてみようとアドバイス。いじめっ子がいやらいやな事はいやとはっきり言おう。やめてって声に出して言おう。勉強は先生のお顔をじっと見て話を聞こう、そうすればわかるから などなど…。でも、みんなだったらどんな時も、どんな事があっても大丈夫。いろいろな力を身につけたのだから。今年は特にグループで力を合わせてやりとげる経験をたくさん積み重ねてきました。自分の思いを出しながらみんなの気持ちも大事にし、折り合いをつけて着地点をみつけるという難しいことにもチャレンジしました。そうそう、天下の上野動物園で自由行動をやってのけたのだもの。
日々、友だちとどうしたらうまくやっていけるか、人として大事なことを学んできた子どもたち。人はひとりでは生きられないものです。誰かと触れ合いながら生きていく中で、相手の気持ちや心の痛みをわかってあげられる人になってほしい、きっとなれると信じています。やわらかい感性と思いやりに溢れていた65人の年長さんと共に過ごすことのできた私達は幸せでした。共に遊び、共に笑い、涙してきた私たちは、子どもたちが訪れた時、ひとりひとりの良さを誰よりも知っている私たちスタッフが、いつでも抱きしめてあげたいと思っています。

年長組のお友だち、卒園おめでとう そして さようなら。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

積み重ねた力を発揮して 〜上野動物園〜

ろりぽっぷ 905号 2014年3月7日

ろりぽっぷ905号
行きつ戻りつしながら少しずつ春に近づいている今週。ちぢこまっていた花だんのパンジーも、花数が多くなってきたように感じます。
年長組は土曜日(1日)、小雨模様の肌寒い中を上野動物園へ自立の旅に出かけました。今まで積み上げてきた力をすべて出しきって、西園の自由行動も無事にやり遂げました。1人の欠席者もなく、みんなで行くことができたのは、大きな宝物になりました。

親子セミナー 赤ちゃんのおはなし

「ほら、この紙のたまごを光にむけてすかしてごらん。何が見えるかな?」「小さな穴があいてる!!」と子どもたち。
「この小さな穴の大きさがみんなの命の始まりなんだよ」と助産師の平野さんが語りはじめます。お母さんのお腹の中で大事に育てられ、3ヶ月、5ヶ月、そして、お腹の中の温かいお湯の中で頭を下にして大きくなっていく様子も助産師さん苦心のサンプルにさわらせてもらい実感。実物そっくり(重さも)の赤ちゃんも抱っこさせてもらいました。「みんなはね、たくさんの力をもって大きくなったんだよ」と平野さん。また、プライベートゾーンについても話をして下さいました。
男の子も女の子も、知らない人はもちろん、両親にも触らせてはいけない所がある。年長や1年生になったら自分で洗おうということです。私達大人もプライベートゾーンという意識をもって子どもに接することが大事だと学びました。

今週のろりぽっぷ子たち

卒園遠足

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

ろりぽっぷにもおひなさま

ろりぽっぷ 904号 2014年2月28日

ろりぽっぷ904号

週初めにろりぽっぷの廊下に7段飾りのおひな様がお目見えしました。
このひなは園長宅から住み替えをして、もう20年近くになります。子ども達は、立ち止まってはながめたり、お道具にさわってみたり、1年に1度の華やかなひな飾りを楽しんでいます。

さて、私が子育て真っ最中だった30代、このおひな様をめぐる思いを綴ったことがあります。お母様たちもおひな様への思いはそれぞれお持ちだと思いますが、しばし園長のはるかな思いでにお付き合い下さい。

おひな様の顔に当ててある薄紙をそっとはずす時、なつかしい友に久し振りに出会ったような喜びを覚えます。「1年ごぶさただったわね」とひなたちに語りかけながら、私の心は次第にやさしい気持ちになっていきます。来年はどんな気持ちでこの箱を開けるのだろうか。家族の様子はどう変化しているのだろうかと思いをめぐらせます。娘の誕生した年、私はいつにない熱心さで「おひな様を買ってほしい」と夫にたのみました。「まるでママのおひな様を買うみたいだね」と笑われましたが、本当にそう言われても仕方がないほどおひな様に執着しました。
戦後の年に生まれた私は、おひな様を持っていませんでした。戦後の10年はだれもがそうだったように、友だちの中にもおひな祭りを祝うような子はほとんどいませんでした。皆生きることに精いっぱいでした。それでも私は赤い布をひき、にわか作りのひな段にありったけの人形を並べ、一人で満足していました。そんな私を見かねてか、祖母が裸の市松人形を買って端布ぎれで着物をきせ、帯を結びひな段に並べてくれました。その後ひな段には私の手作りの人形が並ぶようになりました。チョークを小刀で細工した、さわるとすぐ折れてしまう人形でした。白い綿にくるんだチョークの立ちびなは、一時期、私の宝物でした。段飾りのりっぱなひな人形を持つことはありませんでしたが、それ以上に豊かなひなの思い出を私は心の中で温め反芻(すう)しています。
ひなへのあこがれ、人形への思いはいくつになっても消えることはありません。

職員たちの私とおひなさま

4人姉妹の我が家のおひな様は御殿つきの5段飾り。なのに母は出ししぶり、娘たちに「早く出して〜」「何で出してくれないの〜!」とせっつかれ、やっと出すのは毎年3月3日・・・。でも、ちゃんと皆お嫁にいけましたよ。(J)

おひな様がこわかった私。部屋の都合である年からなぜか私の部屋に飾られるように…。朝起きると目があって…コワイ
「おはようございます…」とおそるおそるあいさつする日々でした。(S)

小さい頃は一生懸命飾ってくれたおひな様。しだいに飾られなくなり…今では写真の中でした見ることができません…。(Y)

祖母が買ってくれたひな人形より母が手作りした空き箱のひな人形のほうがすきだった私。いつもそちらばかりじっとながめていました。(M)

なかなか買ってもらえなかったおひな様。やっと買ってもらえたのは小さなうさぎの並んだひな人形でした。でも…「嫁に行きおくれては困る!」と、3日の朝にはさっさとしまわれてしまいます。(S)

ある日、おひな様の首がとれるという事に、気づいてしまった私。
後ろ向きにしたり、お内裏さまとおひなさまの頭をつけかえたり…こっそりアレンジを楽しんでました。(S)

今週のろりぽっぷ子たち

ひな人形

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

ホーム>園だより“ろりぽっぷ” > Archives > 2014-03

ランチメニュー
ランチメニュー
園だより(2018年度版)
園だより“ろりぽっぷ”

ろりぽっぷ子たちの園生活の様子や保育について、ブログ形式でお伝えしています。

ばうの紙芝居
幼稚園へのご連絡は…
記事の検索
RSSフィード
Meta

ページの先頭へ

Copyright © ろりぽっぷ幼稚園 All Rights Reserved.
ホームページ記載の記事・写真等の無断転載・複製を禁じます。