ホーム>園だより“ろりぽっぷ” > アーカイブ > 2013-12

2013-12

笑顔を守り続けたい 〜よいお年を〜

ろりぽっぷ 897号[2学期最終号] 2013年12月20日

ろりぽっぷ897号
「サンタさんかわいかった」「でも、なんだかバスのおじさんみたいだった」と子どもたち。サンタさんからのプレゼントをもらう時の子ども達の顔はそれはそれはうれしそう。ろりぽっぷは宗教色のない園ですがこのとびきりの笑顔に免じて、イエス様に許していただきましょう。

さて、今日で2学期も終わります。そしてまもなく年の瀬を迎えます。皆さんにとって2013年はどんな年だったでしょうか。アベノミクスとやらで経済は上向きといわれていますが、下々までは届いていない様子。アベさんは何やら法案成立に忙しく、保育料無償化には何の音沙汰もありません。
未来ある子ども達に少しは目を向けてほしいと思います。
ともあれ大人たちの憂いをよそに子ども達は何の屈託もなく生き生きと動きまわり楽しんでいます。そんな子どもたちの笑顔を守り続けていきたいと思います。皆様、よいお年をお迎え下さい。

今週のろりぽっぷ子たち

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

今からはじまるネット教育

ろりぽっぷ 896号 2013年12月13日

ろりぽっぷ896号
「さぁ、リンゴやミカンを食べると風邪をひかないよ、いらっしゃい、いらっしゃい」
今週は、果物屋さんが何度もお庭にオープンし、子ども達は長い列を作り、思いっきり果物の味を楽しみました。砂場の棚に実ったキウイもほど良く熟成し1つ残らずみんなのお腹に納まりました。

二学期も早いもので来週で終わります。年末を迎えるにあたり、何かふさわしい内容はないかと思いあぐねていましたが、最近気になっている話題を1つ。
ここのところ、ネットや携帯でのいじめが新聞などでも多く取り上げられています。子ども達は、現在、そしてこれからも電子機器と付き合っていかなければならない世代です。小さくてもまだまだ先のこととお思いでしょうが、幼稚園でもネットいじめに発展しそうな芽生えが出てきていますので、油断はできません。
かつて、教員の研究会で、他園の先生の話の中で、たまたま落ちていた手紙に「○○ちゃんと遊ばないようにしようね。」と書いてあったそうです。字が書けるようになると、友だち同士で手紙交換が頻繁に行われるようになりますが、楽しそうなやりとりの中に傷つく言葉が書かれているとしたら、私たち大人は見過ごさず、しっかりと言葉をかけていかなくてはと思います。
園でも以前、こんなことがありました。
「ブター。」とAくん。言われた方の2、3人が「なんだよー。」と追いかけ、「マメツブー。」と応酬しています。おやっと思うような言葉がポンポンと投げつけられ、エスカレートしていきます。ちょっと行き過ぎと感じた頃、保育者が「どうしたの?」と声を掛け、何故そんな風になったのか、お互いの言い分をじっくりと時間を掛けて聞いていきます。
それぞれの理由は承知の上で、言葉の中には言われてひどく傷付く言葉があるということ、特に相手の体や容姿に関する言葉や「死ね」「きたない」などという言葉については、子どもだから何を言っても許されるのではなく、人として言ってはならないことがる、と言葉の持つ重さを伝えています。

ネット教育は、幼児期から始まっているのです。

今週のろりぽっぷ子たち

葉っぱのかいじゅう

葉っぱのかいじゅう

ターザンロープ 3人乗り〜!!

ターザンロープ 3人乗り〜!!

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

臼と杵でおもちつき

ろりぽっぷ 895号 2013年12月6日

ろりぽっぷ895号
一俵(60kg)のおもちつき、今年も無事に終わりました。
のどに詰まらせるお子さんもなく、ほっとしています。つき手を含め、総勢大人30人の一大イベントでした。お手伝いいただいた皆様、ご協力ありがとうございました。

当日、お手伝いいただいたお母様方から寄せられた感想です。

子供達のいきいきとした顔、一生懸命な顔、粉のついた可愛いい顔、美味しそうに食べる顔、見ているだけでこちらも笑顔になりました。
そして、スタッフの方々、お父さん、お母さん方、みなさんも楽しそうでしたし、子供達に楽しい体験をさせてあげよう、美味しいおもちを沢山食べさせてあげよう!!という思いが伝わってきました。今ではおもちをついても、機械でスチッチポンですし、せいろで蒸して、杵と臼でつくなんて、なかなか見られない、できない光景です。貴重な体験をさせて頂きました。

杵と臼でついたおもちが食べられるのは、とてもぜいたくで楽しいことですよね。(中略)
いつも、泥だんごを、まんまる、上手に作っている子供たちですから、日頃の成果もでたことと思います。
年長になると、いろんな体験を積み重ね、「自分が植えた米は、もうだれかが食べたんだよ。」そして、また、だれかが植えたお米を自分が食べてるんだということが、分かっているようで、その言葉に成長を感じつつ、子供たちの新鮮な発見に、楽しく思いました。

もち米を蒸かして、臼の中のもち米を杵でひとつき、一つきで、もちへと変えていく日本ならではの景色は、今では貴重なひとときですよね。
みんなで協力し合って、おもちを食べるまで、いろいろな作業があるからこそ味わえるおいしさを子ども達も心に感じてくれたのではないでしょうか。
アツアツのできたてのふわふわおもちをちぎりながら、お腹から出てきたばかりの我が子たちのふわふわ感を思い出していた私でした。

今週のろりぽっぷ子たち

臼と杵でおもちつき

臼と杵でおもちつき

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

ホーム>園だより“ろりぽっぷ” > Archives > 2013-12

ランチメニュー
ランチメニュー
園だより(2019年度版)
園だより“ろりぽっぷ”

ろりぽっぷ子たちの園生活の様子や保育について、ブログ形式でお伝えしています。

ばうの紙芝居
幼稚園へのご連絡は…
記事の検索
RSSフィード
Meta

ページの先頭へ

Copyright © ろりぽっぷ幼稚園 All Rights Reserved.
ホームページ記載の記事・写真等の無断転載・複製を禁じます。