ホーム>園だより“ろりぽっぷ” > アーカイブ > 2013-09

2013-09

プレイデー 今年のテーマは海

ろりぽっぷ 887号 2013年9月27日

ろりぽっぷ887号
暑さ寒さは彼岸までと昔の人はよく言ったものです。事ほど左様に連休明けからぐーんと涼しくなり、風邪をひいてお休みするお子さんも多くなってきました。
さて、園庭ではオープニングの体操「エビカニクス」の曲が流れ、子ども達がリズミカルに踊っています。例年ですと「はとぽっぽ体操」ですが、今年はテーマに合わせて、22年ぶりにリニューアルしてみました。エアロビ風の振り付けが何とも今風で子ども達はノリノリで踊っています。

プレイデーもあと一週間後にせまってきました。今回はプレイデー(運動会)について園の考え方をお伝え致します。
ろりぽっぷに初めて入園されたご両親にとっては、プレイデーとは耳慣れない言葉だと思いますが、これは、ろりぽっぷ独自のネーミングです。一般的な運動会とはずい分考え方や方法が異なるということで命名しました。ろりぽっぷのプレイデーのコンセプトとは…

—子どもが主役—

あくまで子どもが主役、生き生きと行動し、楽しめることが一番です。練習を重ね、その結果を当日見てもらって評価を受けるのではなく、日頃の子どもたちの生き生きとした姿を見ていただくのがプレイデーです。種目も、日常の遊びを無理のない形で取り入れ、決めています。

—順位を競うよりも、まずは楽しもう—

勝ち負けを決めない分、友だちの活躍を素直に応援できます。子どもたちのこれからは、優劣、勝ち負けの評価が待ち受けています。せめて幼児の間だけでも、競うことを先送りにして、楽しく過ごしてもらいたいものです。

ろりぽっぷのプレイデーは、まずは楽しんで参加することが一番です。子どもたちもご家庭の方々も広いトラックで体を思い切り動かし、心を解放し、あぁ今日は楽しかったね、と感じてくださることを願っています。
この日は、お子さんたちの成長を見ていただくよい機会でもあります。でも、本番で大人が期待している姿とは違ったとしても、その時の姿だけを見てがっかりなさらないようにお願いします。
年齢が小さい程、大勢のお客様にびっくりしたり、緊張で固まってしまうことはよくあることです。当日に至るまで、そのお子さんなりに楽しんできたプロセスがあることを汲んでいただけたらと思います。

今週のろりぽっぷ子たち

プレイデーごっこ
9/26(木)

プレイデーごっこ

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

新米はいつ食べるの?今でしょ!!

ろりぽっぷ 886号 2013年9月20日

ろりぽっぷ886号
日本列島を竜がひとあばれした様な台風18号が過ぎ去った17日(火)の澄みきった空のもと、年長さんが稲刈りを見学しました。思えば5月の連休明けに植えた稲が刈り入れどきを迎えたのです。昔ながらの鎌を使った稲刈りといきたいところですが、今はコンバインでの収穫です。

田んぼの所有者や山崎さんは越谷の15代続く米農家です。一環して減農薬での米作り、時には手のかかるかるがも農法を試みたり今年は田んぼアートにも取り組んだりと若手農家のリーダー的存在です。卒園児のお父さんというご縁で、ランチのお米をお願いしたり、田植えをさせていただくようになり、もう、13年が経ちました。毎日のランチの白米が、こういうプロセスを経て口にすることができるのだと実感できる貴重な体験です。

刈り取ったお米はいつ食べるの?「今でしょ!」とばかりに園に帰った子ども達は、さっそく新米でおにぎり作りです。自分でにぎった塩むすびをおいしいおいしいといくつもほおばっていました。
これもこだわりのろりぽっぷ流かな?

今週のろりぽっぷ子たち

かいじゅうだ〜!稲をのみこんでる〜!!

かいじゅうだ〜!稲をのみこんでる〜!!

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

もぎたてを丸かじり

ろりぽっぷ 885号 2013年9月13日

ろりぽっぷ885号
朝夕ほんの少し秋めいてきた9日(月)子ども達の期待とワクワク感ではじけそうなバスが内牧の梨園めざしてまっしぐら。今年は新しい場所に変更して初めての梨狩りです。何度か下見を重ねても子ども達を連れての経験はちょっぴりドキドキです。

梨園の主(あるじ)は笑顔のやさしいおじいちゃまで76歳になられるそうです。「おじさんたちが、1年間大事に育てた梨です。青いものより、赤味がかった実がおいしいですよ。引っ張らずに横にずらすとすぐ取れますよ。」と子どもたちにレクチャーしてくれました。1個はお土産に、もう1個は自分用にとみな真剣にお気に入りの梨を探します。ご存知のように梨棚は子ども達の手が届かず、みな大人達に抱っこをしてもらいもぎとります。スタッフは当然の事として筋力、体力が要求され、園長は早々と脱落です。子ども達が手にした梨は例年とは異なり500gはあろうかという大もの。皮をむいてもらって丸ごとガブリ。果汁をしたたらせながらかぶりつく姿は、これぞろりぽっぷです。

さて、突然ですが、ここで梨狩りについての考察です。
本園の梨狩りは3つのねらいをもって行っています。1つ目は、自分でもぎ取り収穫を体験すること、2つ目は、果樹園という環境のもとでもいだばかりの実を食べること、3つ目は、丸かじりをするということです。丸かじりについては、日頃家庭で供される果物はお母さんに皮をむいてもらい小さく切ったものがほとんどですが、果樹園だからこそ、もぎたてを丸かじりするという日頃あまりやった事のない体験をさせてやりたいと思っています。

ところが今回おじゃました園ではろりぽっぷの思いをなかなか理解していただけませんでした。「他園では2個もぎ取ったらすぐに園に帰り、試食用の梨を園でむいてもらって食べる。子どもたちは1個は食べきれないのだから」というお話しでした。生産者として手をかけて作った梨が無駄になるのはつらいという気持ちもよく理解できますが、今回は何とかろりぽっぷ流を通させてもらいました。相手方のお気持ちも受け止め、残した分は切り分けタッパーに入れて持ち帰りジャムに加工、皮などゴミは園に持ち帰るなど努力はしました。梨園のおばあちゃまが何度ももったいないもったいないとくり返していらっしゃるのを耳にし、私達の望んでいることは無茶なのか、心が揺れた梨狩りでした。
さて、ご父母の皆様はどうお考えになられますか。ご意見がありましたら、お寄せ下さい。

今週のろりぽっぷ子たち

梨狩り

梨狩り

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

今日から2学期

ろりぽっぷ 884号 2013年9月2日

ろりぽっぷ884号
事務所の西日をさえぎってくれた緑のカーテンのゴーヤがこの夏は大豊作。食べて、食べてと、ゴーヤに追いかけられる毎日でした。

さて、長い夏休みも終わり、今日から2学期です。お母様方もほっと一息というところでしょうか。お子さんたちも生活のリズムを取りもどすのに多少の時間が必要です。まったりと過ごしたお家での生活に後髪を引かれるのか、夏期保育中泣いて登園するお子さんもチラホラ、ゆっくり自分のペースをつかむのを待ってあげたいと思います。

年長は、夏休み中に大きな行事、キャンプを体験しました。その様子は写真をご覧いただくとして今年はハプニングがいろいろとあって対応に苦慮しましたが子ども達の活動には影響がなく、無事親ごさんにお返しする事ができました。

ハプニング
その①.
一日延期になったこと
その②.
キャンプ場にスズメバチがいたこと
その③.
食材を積み忘れ、買いに走ったこと

スズメバチについては公園管理事務所の係員に駆除してもらい事なきを得ましたが、自然界の中では思いがけない事が起こるものだと再確認しました。もし子ども達が刺されたらというストレスで園長は夜中テントの中でうなされていたとは同宿のスタッフから聞かされました。何があっても臨機応変に対応するから大丈夫と腹をくくっていたのに、無意識の中で思いがけない姿が現われ、一番驚いたのは自分自身でした。

ともあれ、今学期は自然と触れ合う機会もぐんと増える子ども達、安全に気をつけながら、秋の実りなどを大いに楽しみたいと思います。まずは金魚つかみ、梨狩りと、ワクワクドキドキを体験してもらいます。
さぁ、何が起こるかお楽しみ いよいよ2学期のはじまりです。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

ホーム>園だより“ろりぽっぷ” > Archives > 2013-09

ランチメニュー
ランチメニュー
園だより(2019年度版)
園だより“ろりぽっぷ”

ろりぽっぷ子たちの園生活の様子や保育について、ブログ形式でお伝えしています。

ばうの紙芝居
幼稚園へのご連絡は…
記事の検索
RSSフィード
Meta

ページの先頭へ

Copyright © ろりぽっぷ幼稚園 All Rights Reserved.
ホームページ記載の記事・写真等の無断転載・複製を禁じます。